いたがきブログ
 今日の主催セミナーにて色々内容は書けませんが、印象的だったこと。

 会議でいろいろ意見を求めて議論するには、「参加者がウキウキ楽しい気持ち」でないと、前向きで建設的な結論にはならない。

 ということです。

 最初に、例えば組織のトップが頭ごなしにガミガミやってしまった後に、「何か意見は?」って聞いても、ろくな意見は出ないとのこと。

 それはよくわかる!


 では、どうすればいいのか。

 そうそう、全員がウキウキ楽しい気持ちにはならないですから。


 まず始めに、一人ずつ「最近あった楽しかったこと」を発表するんだそうです。ルールは「どんな内容でも拍手・同意する」だけ。
 一見無駄なようで、これを始めに全員でやるだけでその後の会議の内容は上向き、ひいてはその組織(会社なら業績)に大きく影響する、とのこと。


 今日のセミナーの内容はこれがメインでは無いのですが、その先生の経験と感性からのお話であり、まったくそのとおりだと思いました。

 どっかでいつか試してみたいなあ。
スポンサーサイト

【2010/04/22 18:43】 | ビジネス日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック